アフィリエイト
西日本機関区 2008年08月

西日本機関区

関西の鉄道画像や鉄道模型のサイト                                                                       主にJR西日本、JR貨物、近畿日本鉄道の情報を扱っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道新幹線撮影

今日は久々に新幹線の走行写真を撮影してきました。

世間では0系がなくなると言う事で山陽新幹線を撮る方が多いようですが。

朝早く、某有名撮影地での撮影は不可能に近いのと、

近い内に仕事の先輩と約束があるので、東海道新幹線にしました。

と言う訳で、駅撮り&大回り乗車が可能な、米原駅に行って来ました。

shinkansen_2008_08_31_01.jpg

まずは、N700系
※思いっきりトリミングしてます・・・(汗)

shinkansen_2008_08_31_02.jpg

ケツ打ちはなんとか・・・。


shinkansen_2008_08_31_03.jpg

今度は反対を向いて700系


shinkansen_2008_08_31_04.jpg

ホームを移動して本チャンの500系
見事に撃沈・・・(泣)


shinkansen_2008_08_31_05.jpg

700系 コイツばかり来ます


shinkansen_2008_08_31_06.jpg

そろそろ危ない!? 300系


shinkansen_2008_08_31_07.jpg

最後にN700系を撮って、撤収。。。


久々に新幹線の速さを体験してきましたが、
思っていたより速く、なかなか撮影は難しいですね!

近い内に500系はリベンジしたいです!!!
スポンサーサイト

EF65-57製作記その4

さて、また間が空きましたが続きです

シンナープールに浸けていたボディーですが、こんな感じになりました。

mokei_EF65-57_01.jpg


まあ、浸ける時間が短かったせいか塗料の落ちが悪く、かなり頑張って歯ブラシ
で磨きました・・・(汗)

早速塗装と行きたいところですが、一カ所削るところがあります。
茶釜は0番台なのでヘッドマークステーがありません。
カッターで大まかに削ったあと、紙ヤスリで丁寧に整えます。
コレで塗装をすればもうわかりません。

では塗装に入ります。

色は、ぶどう色2号とねずみ色1号ですのでとても簡単です。(まあ簡単だからこそ、この釜を作る気にな
ったのですがね)

mokei_EF65-57_02.jpg

こんな感じになりました。だいぶ完成が近づいて来ましたね!

今回はここまで

次回をお楽しみに!!!

8月16日撮影日記

茶釜の製作は一旦置いておきまして、撮影に行ってきました。

前回の撮影から2ヶ月以上空きましたので、かなり久しぶりです。

お盆なので貨物は殆ど走っておらず、撮影に行く気は全く無かったのですが、
昼頃、携帯でいろいろ調べていると”8866レ EF65-57”という情報がありましたので張り切って行って来ました。

と、言う訳でサントリーカーブに柵が出来たらしいので、見物がてら山崎駅に行って来ました。


2008_08_16-01.jpg

まずは221系。久々に撮ると格好良く見えます!


2008_08_16-02.jpg

続いて珍しく前面回送幕でやって来た485系。


2008_08_16-03.jpg

←大阪                   富山→
683系(基本)+683系(増結)+681系(プロト増結)


2008_08_16-04.jpg

本日のメイン
8866レ EF65-57+日鐵チキ6+九チキ3

コレにて撤収。

久々の撮影でしたがなかなか上手く撮れたと思います。
茶釜は若干ピン甘ですが、まあギリギリセーフです(笑)

EF65-57製作記その3

さてさて、少し間が空きましたが頑張って続けて行きますよ!

と言う訳で自動車用水抜き剤を買って来ました。
カー用品店で1番安い200mlで80円の物を買って来ました。

早速浸けてみます。一時間程浸けいると徐々に塗装が浮いて来ました。
どうなったかは次回のお楽しみ。

待っているのも時間の無駄なので他の作業に移ります。

茶釜の特徴でもある前面窓と乗務員室の黒Hゴム支持を再現します。

今回の種車のTOMIX EF65 500番台 F型はゴムが白色なので油性のマジックでゴムの部分を塗っていきます。

20080805183910


こんな感じになりました。

短いですか今日はココまで

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。