アフィリエイト
西日本機関区 JRF EF66

西日本機関区

関西の鉄道画像や鉄道模型のサイト                                                                       主にJR西日本、JR貨物、近畿日本鉄道の情報を扱っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRF EF66

今回は少しマニアックな目線からEF66を紹介していきたいと思います。

まず簡単にEF66とは・・・

EF66は元々、貨物牽引(レサ10000系)用に開発されました。1985年からは寝台特急などの牽引なども行い、現在も東海道、山陽線の貨物運用や富士・はやぶさなどでも活躍中です。

JR貨物の吹田機関区に所属の基本番台のものについて書きたいと思います。

現在、吹田機関区のEF66の車体色は、大きく分けると3つあり、特急色と旧更新色と新更新色がある。(過去には試験色も存在した。)

EF66_01.jpg
EF66-27 特急色
特急色は厳密に言うと国鉄時代のオリジナル塗装と若干異なります。

EF66_02.jpg
EF66-7 旧更新色
旧更新色ですが、名前通り”旧”なので徐々に数を減らしつつあります。

EF66_03.jpg
EF66-32 新更新色
現在一番新しい塗装で、全般検査を受けるとこの塗装で出場します。

↓新更新色の初期の塗装の違い(32号機基準で見てください)

EF66_04.jpg
EF66-54 ライトレンズ周り青、極太白帯、前面・側面の手摺が白

EF66_05.jpg
EF66-54 上に写真の後、吹田機関区でプレート縁白に

EF66_06.jpg
EF66-16 ライトレンズ周り青、白帯、前面・側面の手摺が白

EF66_07.jpg
EF66-20 ライトレンズ周り青、前面・側面の手摺が白。

EF66_08.jpg
EF66-19 前面の手摺が白

今回は塗装について簡単に書きましたが、その他もいろいろ違いが有ります。次回があるかどうか分かりませんが、お楽しみに。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nishinihonkikanku.blog25.fc2.com/tb.php/3-89a948a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。